鳥獣保護法

イラスト

いつの間にか、コウモリが軒先に営巣し糞が近辺に落ちているようになった等の話を聞きます。
コウモリは鳥獣保護法で守られている動物ですので、勝手に捕獲したり殺傷することは法律で禁止されています。
市販の駆除用品を買って来て試してみても、効果がない場合もあります。
コウモリにとってその場所が、都合が良いから営巣した訳なので、追い払ってもすぐ戻って来るようです。
似たような被害で、イタチやハクビシンが屋根裏に住み着き、糞尿被害や騒音被害で悩まれている方も少なくありません。 (さらに…)

対策方法

飛ぶこうもり

コウモリは、倉庫や、屋根裏に棲みつき、様々な被害をもたらします。
糞や、排尿は悪臭と共に、屋根裏の床板などを腐食させていき、糞にたまるダニは害虫の発生源にもなっていきます。
そして、人体に有害なウィルスにより、感染症を引き起こす可能性も持っています。
そのため、早急な対策を有する事になりますが、コウモリは害獣指定されていても、鳥獣保護法により、捕獲するには許可を得なければなりません。
捕獲以外の方法を取っての追い出し方法としては、忌避スプレーを天井裏や倉庫などに噴射するか、ジェル状の忌避剤をコウモリの潜んで潜んでいる場所に設置する方法もあります。 (さらに…)

許可がいる駆除

業者さん

コウモリは、洞窟や暗い穴に棲みつくというイメージで、一般の家庭には関係ないと考えられがちですが、近年都市部でのコウモリの被害が増大しています。
コウモリは、一般的に1~2センチ程度の隙間があれば、出入りが可能なため、住宅の天井に棲みつきます。
そこで、コロニーと呼ばれる群れを作り、生活をするため、糞が天井裏や、ベランダ、玄関などに落ちてきてきます。
その為、悪臭を発したり、害虫の発生源ととなります。
さらに人体に害のあるウィルスを持っているため、感染症の恐れがあります。 (さらに…)

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031